ホームページリニューアルいたしました。申し訳ありませんが、コンビニ支払いは9月下旬から開始になります。クレジットカード決済は、現在VISA,Mastercard,JCB,AMERICAN EXPRESS,Diners Club INTERNATIONALのみとなっております。他社カードも順次ご使用できるようになりますので、しばらくおまちください。



  • 米味噌キット



人気!手造り味噌キット お味噌れしました(豆から)


おうちで愛されるお味噌造りをしませんか?手造り味噌キット「あなたも味噌職人」のこだわり版セットです。「お味噌れしました」は生大豆と生麹のセットです。(潰し大豆ではありません) 大豆を茹で、潰すところからお味噌造りをお楽しみください。

※当麹屋の生こうじは、手しごとで作りますので、一日にご注文いただける数に限りがございます。生産量を越えますと、 商品到着期日のご変更をお願いする場合もございます。 期日はメールにてご連絡いたしますので、ご確認くださいませ。




お味噌れしました・米味噌【4kg】
3758円(税込)
数量
お味噌れしました・米味噌【1kg】
1033円(税込)
数量
お味噌れしました・小麦合せ味噌【4kg】
3636円(税込)
数量
お味噌れしました・小麦合せ味噌【1kg】
1000円(税込)
数量
お味噌れしました・小麦味噌【4kg】
2702円(税込)
数量
お味噌れしました・小麦味噌【1kg】
741円(税込)
数量

あなたも味噌職人」のこだわり版です。「お味噌れしました」はお塩が付属していません。塩切麹(保存性を高めるために、麹に塩を混ぜる)のため、塩の分量の一部は麹に含まれています。各セットの分量を確認いただき、足りない分のお塩を追加してください。


「お味噌れしました」は3種類のお味噌があります。それぞれ1kgと4kgキットがあります。家族4名で1日1杯のみそ汁を飲んだ場合、1ヶ月の消費量はおよそ1~2kgが目安です。

米味噌

日本人に最も親しまれている米こうじでつくる米味噌セットです。


米味噌造り

やさしい甘みと風味豊かな高級味噌ができあがります。砕けた米は使わず、丸い粒のしっかりした国産米のみを使用した、こうじの香りのする、本物の麹を使用します。とりこになる味です。


米味噌
【1kgキット】
米味噌
【4kgキット】
生米こうじ(塩切済) 生米こうじ375g+粗塩38g 生米こうじ1500g+粗塩150g
北海道産大粒大豆 250g 1kg
味噌出来上がり 約1kg 約4kg
備考 味噌造りにはあと塩88g必要です 味噌造りにはあと塩370g必要です
(甘口の場合300g、辛口の場合410g)


小麦合せ味噌

米こうじと小麦こうじをブレンドした合わせ味噌ができるセットです。


合わせ味噌造り

当麹屋の看板味噌「横浜贅沢三昧」に近いお味噌ができあがります。米と小麦の配合は、長年の経験の中で培われた絶妙な割合になっています。安心して手造り味噌を楽しんでいただけます。全国的にもめずらしい「小麦こうじ」を使用していますので、新しい味にチャレンジしてみたい方にはこの合わせ味噌がオススメです。


小麦合せ味噌
【1kgキット】
小麦合せ味噌
【4kgキット】
生米こうじ(塩切済) 生米こうじ300g+粗塩30g 生米こうじ1200g+粗塩120g
生小麦こうじ(塩切済 生小麦こうじ75g+8g 生小麦こうじ300g+粗塩30g
北海道産大粒大豆 250g 1kg
味噌出来上がり 約1kg 約4kg
備考 味噌造りにはあと塩88g必要です 味噌造りにはあと塩370g必要です
(甘口の場合300g、辛口の場合410g)


小麦味噌

麦味噌といえば普通は「大麦」の味噌。しかし、このセットは 【小麦】 味噌です。


小麦味噌造り

冴え渡る風味が特徴の小麦味噌は、一度、食べてしまうと、やみつきになる味です。色が真っ黒なのに、さっぱりとした軽い風味で、なんで、こんなに美味しいお味噌が全国に広まっていないのかと思うほど、奥行きの深い香りと鮮烈な味がします。

同時に、こういったたくさんの種類の味噌を生み出せる、日本の風土の素晴らしさを改めて教えられる喜びを感じさせてくれます。米味噌が素朴で懐かしい味だとしたら、小麦味噌は上品で雅やかな味のお味噌です。手作りだからこそ、市販品で手に入らないもの を作ってみてください。


小麦味噌
【1kgキット】
小麦味噌
【4kgキット】
生小麦こうじ(塩切済) 生小麦こうじ375g+粗塩38g 生小麦こうじ1500g+粗塩150g
北海道産大粒大豆 250g 1kg
味噌出来上がり 約1kg 約4kg
備考 味噌造りにはあと塩88g必要です 味噌造りにはあと塩370g必要です(甘口の場合300g、辛口の場合410g)

お味噌れしました 手造り味噌の造り方


大豆を潰してからの造り方は「あなたも味噌職人」と同じです。ここでは、大豆を潰すまでを紹介いたします。

大豆を水に浸ける。


大豆を水に浸ける

大豆を軽く水で洗ってから、一晩(12~14時間)水に浸けます。


大豆を水に浸ける

大豆は水に浸けると2~3倍に膨れます。左が水に戻す前、右が戻した後の、1kgキットの分量の大豆です。水に戻した大豆は水を切ります。


大豆を茹でる。


大豆を煮る

大豆を鍋にいれ、ひたひたの水を加えます。この水加減は大切です。水が多いと鍋の中で大豆がおどって形が崩れます。


大豆を煮る

強火にかけると、すぐに灰汁が浮いてきます。少し目を離していると吹きこぼれますので注意してくださいね。


大豆を煮る

灰汁を丁寧に取ります。灰汁をきちんと取ることで、えぐみのないお味噌ができます。


大豆を煮る

弱火にして、大豆を5~6時間ほど煮ます。親指と人差し指を使って大豆を潰そうとしてみて、プクッと潰れる程度の硬さになればOKです。途中でお湯が少なくなったら足します。いつもひたひた程度になるようにします。


大豆を煮る

蓋はしてもしなくてもOK。蓋をする時は、少し開けて吹きこぼれないようにします。


大豆を煮る

圧力鍋を使う場合は、大豆の灰汁を取ってから圧力鍋に入れることをオススメしています。


大豆を煮る

最初から圧力鍋に入れると灰汁を取ることができません。灰汁を取るかどうかは、美味しいお味噌のためには、とても大事なのです。大豆が茹で上がったらお湯を切ります。

この時、大豆の煮汁1kgキットで25g4kgキットで100g程度とっておいてください。後からお味噌の硬さを調整するために使います。


大豆を潰す。


大豆を潰す

茹で上がった大豆をビニール袋にいれて、潰していきます。使用する袋は、厚手のものを使ってください。


大豆を潰す

大豆を手の平を使って潰していきます。


大豆を潰す

大豆が1~2割残っていても大丈夫。よく潰していきます。この後、麹と混ぜるときに、追加分のお塩と、煮汁を足して混ぜ合わせていきます。

【追加していただくお塩の分量】
4kgキットの場合、普通味:370g、甘口:300g、辛口:410gを基本にお好みで調整してください。

【追加していただくお塩の種類】
普通の粗塩をオススメします。お味噌造りの場合、しっかり塩分が必要です。ミネラルが多く含まれているお塩は、ミネラルが多くて塩分が少ないので、お味噌造りには向きません。

続きの造り方は「あなたも味噌職人」をご参照ください。


原材料へのこだわり

当店は、明治元年創業以来、麹屋として業を営んでおります。麹屋だからこそ、丹精こめて手作りした麹をたっぷり使用したお味噌づくりキットがご提供できます。麹は加熱殺菌していない生こうじです。多くの方に手造り味噌を楽しんでいただきたく、潰し大豆でお届けしています。



小泉麹屋が作る麹
当店が手作りしている米こうじ、小麦こうじの特長です。米こうじは甘みを引き出し、小麦こうじは旨みを引き出します。

米こうじができるまで
昔ながらの製法で作る麹作りを紹介しています。麹室を使い、こうじ菌が自然に育つ環境を作ります。

小麦こうじとは?
全国的にも珍しい小麦こうじ。一般的には醤油の原料として使用されていますが、当店では小麦味噌・合わせ味噌に使用します。

北海道産 大豆を選ぶ理由
北海道の一部地域では、あまり品種改良されずに残っている大豆畑があります。大粒の大豆は、特に味噌造りに適しています。

味噌造りQ&A
お味噌造りでよく頂くご質問をまとめています。

味噌造りLINE相談室
お味噌造りでご不明な点がありましたら、LINEよりご相談くださいませ。



お客様の声

●いつも美味しくいただいています。お米と麦の合わせ味噌を出しました。とても美味しくできたので、今回は麦味噌を作ってみます。(S様)

●息子は手作り味噌のおかげで、毎晩の味噌汁が大好物になりました。これからも小泉さんのお味噌を切らさぬよう、しっかり仕込みを続けたいと思います。(W様)

●ご近所さんで毎年楽しみに作っています。昨年のお味噌は、カビが全く出ず最高のお味噌が出来上がりました。今年も楽しみです。お味噌を作った後は、皆でお食事会です。二重・三重楽しんでいます。(F様)

●出来上がりを楽しみにしてる友達もおり、先日差し上げた方からは、「手作りのお味噌を何回かいただいたことがあるけど、このお味噌が一番美味しい」と言われました。これも小泉麹屋さんのお陰です。(K様)


みそ汁

お味噌造りの材料

「お味噌れしました」生大豆と生麹(塩切済)のセットです。容器や樽は付属しておりませんので、必要でしたら合わせてご購入ください。また、味噌造りキットではなく、ご自身で麹、大豆、塩をご購入いただいて、お好みのお味噌を造りたい方はこちらから材料をご購入ください。


あなたも味噌職人
手造り味噌キットの簡単版です。大豆が潰れていますので、混ぜるだけで手造り味噌が造れます。

小麦こうじ
日本でも珍しい国産小麦こうじの単品販売はこちらから。

米こうじ
米こうじの単品販売はこちらから。甘酒作り、塩こうじや醤油こうじも作れますよ。

北海道産大豆
大豆の単品販売はこちらから。お味噌造りに最適な大粒大豆で、煮豆にもオススメです。

味噌樽
お味噌を漬け込むための樽です。1kg用、4kg用があります。