手造り味噌講習会で、愛されるお味噌造り

小泉麹屋に、お味噌造りにいらっしゃいませんか?


手づくり味噌マンガ

小泉麹屋では、横浜市菊名の店舗で、定期的に手造り味噌講習会を開催しています。ご家庭で味噌造りをしなくなってしまった現代、家庭の味が失われつつあると感じています。家庭の味は、お子さん、お孫さんへと伝える味。「どこの家庭の味が一番美味しいか」と比較するものなく「うちの味が一番美味しい」とみんなで自慢しあえる「愛される味」なのです。

わたしたち小泉麹屋は、愛されるお味噌づくりを全国へ伝えたいと「ご自宅で愛されるお味噌作り」ができる手造り味噌キットを販売しています。関東近郊にお住まいの方で、ご自宅でひとりで造ることが不安でしたら、ぜひ麹屋で開催している手造り味噌講習会へご参加ください。米味噌以外にも、年間通じて、小麦味噌など、日本の優れた食材を使って、さまざまなお味噌造り講習会を企画・開催しています。

手づくり味噌講習会

味噌は「医者いらず」と昔からいわれてきました。「味噌汁は朝の毒消し」「味噌汁は不老長寿の薬」など健康をうたうことわざも多く残っています。

お味噌の深い味を生み出しているのは麹菌の働きがあってこそ。小泉麹屋は麹屋として150年ほど麹づくりを続けています。麹って何?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。米に麹菌をつけて麹を作ると「米こうじ」、麦に麹菌をつけて作ると「麦こうじ」ができあがりまして、元となる穀物によって麹は分類されます。


そして、米こうじで造った味噌が「米味噌」、小麦こうじで造った味噌が「小麦味噌」となります。大豆に塩と麹を混ぜるだけで、お味噌ができてしまうって不思議ではありませんか?これが、麹菌の働きなのです。

麹菌は、食品を発酵させるスターターの役割を担っていますので、お味噌汁の中をのぞいても、甘酒の中をのぞいても、麹菌の存在を、私たちが見ることはできません。でも、その麹によって、食品のうま味が引き出され、コクが深く、まろやかな味わいになり、豊富な栄養素をもつ食品に変わります。発酵食品の不思議なところですね。



食べもののうま味が増すと、塩やしょうゆ、砂糖などの調味料をたくさん加えなくても豊かな味わいになります。塩分や糖分控えめのお料理が美味しく簡単にできます。美味しいだけではなく、うま味であるアミノ酸は、私たちの体のエネルギー源として欠かせないものです。麹の料理を日常的に食べることは、家族の健康を支えることにもつながるのです。



麹を使った料理は、簡単でとっても美味しいんですよ。生鮭に野菜をのせて、塩麹とオリーブオイルをかけてホイル焼きにするだけで、アルミホイルを開けた瞬間、わ~、美味しそう!ってなります。麹を使った料理って難しそうなイメージがあるかもしれませんが、反対なんです。

手造り味噌講習会のあと、ご希望の方には、塩麹・醤油麹づくりも開催しています。小泉麹屋で開催する手造り味噌講習会については、詳しくは下記をご覧ください。



麹屋で、手造り味噌講習会

麹屋で開催している手造り味噌講習会について。定番の米味噌造りを中心にしながら、ちょっと変わったお味噌造り講習会も企画しています。



おうちで愛されるお味噌造りをされる方は、「あなたも味噌職人」手造り味噌キットがおすすめです。混ぜるだけで失敗なし。

997円(税込)~

手造り味噌キットのこだわり版「お味噌れしました」です。大豆を煮るところから始めますので、食感もお好みのお味噌に。

741円(税込)~

小泉麹屋の麹を使う絶品!塩こうじの手作りキット。海と山のミネラルを含む希少な塩を使います。

765円(税込)

小泉麹屋の麹を使う絶品!醤油こうじの手作りキット。手造りされた醤油の香ばしさに驚きます。

815円(税込)



あわせて読みたい

  1. Q. 小泉麹屋さんはどこにありますか?
    神奈川県横浜市の菊名にあります。詳しくは店舗紹介をご覧ください。遠方の方で手造り味噌教室にご参加いただけない方も、安心してオンラインショップから手作り味噌キットをお買い求めくださいませ。お味噌を造る中でわからないことがありましたら、電話やLINEでご質問を承っております。
  2. Q. 手造り味噌講習会の講師として来ていただけますか?
    はい。PTAや町内会、サークルなどのイベントで手造り味噌講習会を開催させていただいております。詳しくは「手造り味噌講習会を企画する」をご覧ください。
  3. Q. 麹ってどうやって作るの?
    原料となる穀物を蒸して、麹菌を付着させ、温度・湿度管理を行うことで麹ができあがります。けっこうきめ細やかな管理が大切で、新生児のお世話をする母親のような気分で仕事をしております。詳しくは「米麹ができるまで」をご覧ください。