• 高級味噌 横浜贅沢三昧



麹屋が造る無添加 味噌 横浜贅沢三昧


厳選した国産白芽大豆を100%使用した小泉麹屋を代表する味噌です。無添加、天然醸造、手造り味噌。百年以上の歴史の中から編み出された絶妙な割合で大豆、米こうじ、小麦こうじをブレンドしています。

天然だから生みだせる優しい甘さと、毎日食べたくなるコクをかもしだす珠玉の味噌です。お味噌汁が最高に美味しいですが、どの味噌料理にも合うと評判です。ギフトにも人気です。

内容量:500g / 1kg / 2kg
原料:国産丸米こうじ・国産小麦・北海道産白芽大豆




横浜贅沢三昧2kg
4980円(税込)
数量
横浜贅沢三昧1kg
2490円(税込)
数量
横浜贅沢三昧500g
1280円(税込)
数量

一日一杯のみそ汁は、
日本古来からの健康法

TV・雑誌でも人気の手造り「天然醸造」味噌!

※このページはできあがっているお味噌の通販です。手造り味噌キットをご希望の方は「あなたも味噌職人」をご覧ください。


メディアでも大人気の味噌

古来より日本人は、自然と共生し、自然の恵みをおいしくいただく食文化を育んできました。強い味付けで食材の風味を制するのではなく、食材がもつ美味しさをそのままにいただくこと。それが、和食の知恵です。

麹はまさに、食材の旨味を引き出すスターター。食材を発酵させ、栄養豊かに、そして美味しくしてくれます。大豆に麹をまぜ、保存性を高めるために塩を加える。それだけで、数ヶ月ののちに、お味噌ができあがるって、本当に不思議ですよね。麹と大豆の働きをまるごといただける「一日一杯のおみそ汁」は、昔から日本人の健康を支えています。


手作り米こうじ

味噌造りをしていると、時々思うのです。お味噌は、私たちが造っているのではなく、私たちはただ、こうじ菌が働きやすい環境を整え「美味しいお味噌を造ってもらう、自然が持つ発酵というプロセスから恵みをいただく」そういうことなのだなと。

麹は、1000年も昔より使われてきたと伝えられています。神様にお供えしていたご飯に偶然、こうじ菌を見つけ、よりお米が美味しくなった不思議は、昔の人には、麹は神様からの贈り物と考えたかもしれませんね。

そのような自然の恵み、生きた麹をそのままお届けするために私たちは「直販・通販」にこだわっています。直販・通販だからこそ、流通を優先させてこうじ菌の働きを抑えるような食品添加物を入れる必要がありません。


味噌汁

当店のロングセラー天然醸造味噌「横浜贅沢三昧」

麹屋として創業したのは明治元年。麹づくりを営んできましたが、三代目麹師が、味噌造りをスタート、横浜贅沢三昧は飛ぶように売れるヒット商品になったと、語り継がれています。


天然醸造 高級味噌

お味噌は、造る蔵によって味が異なります。当店は横浜の菊名に位置し、菊名の自然環境が育む麹を、昔ながらの製法で手作りしています。そのこうじ菌の働きを最大限活かせるような塩、醤油、大豆など原料を選びぬき、おいしいお味噌ができあがります。

お味噌の味は、好みもあるでしょう。でも一度も試したことがない方は、ぜひ自慢の横浜贅沢三昧をご賞味ください。今日では、麹屋を営む工房は減ってしまい、さらに手作りで麹づくりを行っているところは数えるほどになってしまいました。本当の手作り麹を使った「天然醸造」味噌の美味しさを味わってください。家族みんなで笑顔の食卓で、和食文化に感謝ができたら嬉しいなと思います。

 

150年の伝統的工法で手作りするから、麹菌が生きている

当麹屋では、米こうじと小麦こうじを昔ながらの工法で手作りしています。麹屋は、昔は、近所の農家さんからお米や麦などを預かり、麹に加工してお戻しするという仕事でした。そして農家さんたちは、その麹を使って、家庭で味噌や醤油を造ったのです。


手作りの麹づくり

国産の米、小麦にこうじ菌を着け、麹室(こうじむろ)の中で菌を育成します。麹作りには、温度管理が非常に重要です。毎日の気温、湿度などを肌で感じながら、こうじ菌が育ちやすい環境を整えてあげます。とても職人仕事なのです。


手作りの麹づくり

米麹と小麦麹を使った合わせ味噌

米麹と小麦麹をブレンドして味噌を造ると旨くなる」この秘訣を発見したのは、三代目麹師でした。以来、長年にわたってこうじ菌の選定やブレンド割合を試行錯誤してできあがったお味噌が、横浜贅沢三昧です。


小麦麹

麦味噌というのを見かけることはありますが、多くは大麦を使っています。横浜贅沢三昧に使われているのは、小麦麹。希少な国産小麦を、中身が粉になるギリギリのところまで皮を挽いて、小麦麹を作ります。

ふわふわとした菌を外側に生やす米麹は、お味噌の甘みを引き出します。見た目はスッキリしていて短い菌を生やす小麦麹は、お味噌の旨味・コクを引き出します。これらのブレンドによって、名前のとおり、贅沢なお味噌ができあがるのです。


手造り味噌 天然醸造 横浜贅沢三昧

小泉麹屋の看板味噌 横浜贅沢三昧

  1. 麹屋として伝統的な工法で手作りする米麹・小麦麹をブレンドした高級合わせ味噌を通販で

  2. 原料はすべて国産

  3. 天然素材だから、毎年微妙に変わる味わいを楽しめます

 

横浜贅沢三昧の使い方

お味噌汁を作る

やっぱり、基本の料理はお味噌汁。美味しいお味噌汁の作り方は、出汁をしっかりとることです。パックの出汁でもいいんですよ。わたしの場合、荒削りの素材 が入っているだしパックを使っていて、少し栄養が偏っているかなと思ったときには、だしパックの中身をあけて、そのまま具材としても使ってしまいます。笑

具だくさんのみそ汁を朝多めに作っておくと、夜ごはんを作るときにも、「あ、あのみそ汁があるし」という安心感にもなります。もうお味噌汁は、おかずの一品です。一汁一菜というライフスタイルがあるくらいですものね。


味噌料理

おいしいお味噌だから、ディップにもオススメです。色とりどりのお野菜を買ってきて、そのままお味噌に付けていただきます。浜味噌(横浜贅沢三昧の愛称、私たちはこう呼んでいます)は、天然の甘さ、やさしい甘さのあるお味噌なので、新鮮な野菜の甘みを引き立ててくれます。 子供たちも、野菜を喜んで食べますよ。


味噌料理

お味噌にマヨネーズやすりおろしニンニクを加えても美味しいですよ。お味噌って、原料は大豆、麹、塩ですが、麹を大豆の量に対してどれくらい使っているかで、高級度の目安になります。浜味噌は大豆の1.3倍の量の麹を使っていて、超高級味噌なのです。だから食材の味をおいしく引き立て、まろやかな味に仕上げてくれます。他のお味噌が食べられなくなります!


味噌ディップ

ディップは左から、京白味噌+おろしにんにく(京白味噌は手造り味噌教室を、時々開催しています)、プレーンの横浜贅沢三昧、横浜贅沢三昧+マヨネーズ

 

もっとお味噌について知る

麹が生きている生こうじ

小泉麹屋の麹は、加熱処理をしていません。麹菌が生きているからこそ、豊富な栄養を醸してくれます。

酒精は入っていません

酒精とはエチルアルコールのことで、食品添加物として一般的には殺菌目的で加えられます。酒精は、発酵を抑えてしまいます。

国産・天然醸造

原材料は日本産、そして無添加です。お味噌を造る過程でも人工的な加温などを行わず、自然発酵の、天然醸造味噌です。



天然醸造・手造り味噌

毎日、横浜贅沢三昧のある生活へ♪ お味噌通販の定期お届けはこちらから