【おうちでてまえ味噌】味噌作りを伝授!

味噌作りを伝授!あなたの家庭の好みにあう手作り味噌を無添加の麹(糀)とセットで販売。味噌、作り方はおまかせください。

  買い物カゴの中を見る
おうちでてまえ味噌
トップページ会社概要決算・発送方法お問い合わせ商品一覧
初めての方へ レシピ 麹つくり Q&A お選び頂いている3つの理由
お気軽にお問い合わせください!
ギフトセット
手作り味噌講習会
出張講習会
味噌作り簡単セット 米/小麦
味噌作りこだわりセット 米/小麦
味噌つくりセット
これだけでも簡単味噌 あなたも味噌職人
米味噌
こだわり派のあなたにお味贈れしました
米味噌
単品(ばら売り)
横浜贅沢三昧(出来上がり味噌)
米こうじ
小麦こうじ
北海道産大粒大豆
関連商品
発酵食品ギフトセット
甘酒のもと
ハーブの香る塩こうじオイル
塩こうじ
塩こうじキット
石垣の塩
醤油こうじ
醤油こうじキット
丸大豆仕込天然醸造しょうゆ
味噌ごまふりかけ
厳選十六雑穀米
味噌仕込み用樽
こだわりの素材
北海道産の最高級大豆
石垣の塩
メルマガ会員登録
取材・講演履歴
当店について
店長紹介
店長紹介
店長紹介
店長の麹屋こいちゃんです!
元気な麹で手作りのお味噌、塩こうじや甘酒をお楽しみください!醤油こうじも始めました

お気軽にお問い合わせください!
麹屋今日のつぶやき
モバイルページ
当社プライバシーポリシー
味噌作り
おかげさまで受賞
モバイルページ
TOP >>  Q & A



Q 仕込んだお味噌にカビが生えてきたのですが(梅雨から夏にかけて非常に多いご質問です)

味噌に出ている白いカビは 【産膜酵母】 という酵母です。日本酒や焼酎にも入っているんですよ^^

ただお酒は頻繁に攪拌するので出てきません。 その点お味噌は固まった状態なので、空気に触れる
表面には酵母が出てくるのです。普段から口にしているので特に問題はありません

お味噌がしっかりと熟成をはじめている証拠です。

青、緑、黒の類はパン等に生えるカビと同じようなカビですが、ご心配には及びません。

お味噌自体は塩分の強いものですから、お味噌の中は雑菌が育ちにくい環境になっているんです。

たとえ表面全体がカビで覆われてもその下では必ず美味しいお味噌が出来上がるものなのです。

早まって処分などは絶対にしないで下さい。


【対処方法】

今はそのまま置いておいて下さい。カビを取ってもまた出てきます。

どんなにカビが出ても何も慌てることはありません、 カビが出る季節まで来たらもう人間には何も出来ません。
こうじ菌の力を信じて、待つのも作業と腹をくくって常温のままゆっくりと熟成させあげて下さい。

日本が世界に誇る究極のスローフードです。気持ちもスローで行きましょう^^
大丈夫です!美味しい「てまえ味噌」になります!安心してくださいね!

9月になったらカビや顔を出した酵母の部分だけ取り除き、必ず全体をよくかき混ぜてからお召し上がりください。

全体を混ぜるか混ぜないかでお味噌の味が全然違ってきますので、これはとても重要な作業なんですよ。

それでもまだ不安な方はこちらのサポートフォームよりお問い合わせ下さい。




Q 味噌造りは初体験のまったくの未経験者ですが大丈夫でしょうか?(神奈川県 水野様)

丈夫です。仕込みはばっちりフォローします。失敗を考える必要は全くありません。

弊社の現てまえ味噌セットは旧てまえ味噌セットからのヴァージョンアップであり、手造り味噌
講習会等を通して蓄積したノウハウの集大成でもあります。

厳選した原料を絶妙なバランスで配合し、仕込みは出来るだけ簡単にできるよう繰り返し
実験をして、今の形になったのです。

市販のお味噌とは比較にならない、美味しいお味噌になる事は間違いありません。

初めてでも安心して仕込むことが出来ます。

koujiya.comはインターネットを使ったてまえ味噌造りの可能性に挑戦し続けます。

P.S ちなみに、ご自身で仕込むとお値段もお手頃価格になるのです!



Q “こうじ”ってなんですか?

〜、この質問に一言で答えるのは難しいですね。簡単に言うと味噌、醤油、日本酒、
焼酎、みりん、等の原料になる、お米にこうじ菌を付けて育てたお米の加工品です。こうじ
があるからこそ和食文化が生まれたとまで言われています。しかし、こうじのまま食卓に
並ぶことは希なので縁の下の力持ち的存在かもしれませんね。

ちなみに、お米に菌を付けると米こうじ、麦だと麦こうじ、大豆だと豆こうじ等、穀類ならな
んだってこうじにできるんですよ。



Q このお味噌たちの、一番良い保存方法を教えて下さい(千葉県 磯野様)

  (出来上がっているお味噌についてのご質問)
味噌自体は常温で2年や3年置いても腐るものではありません。ウチでは通常ビニール
の袋に入れて出荷していますので、一度タッパー等の容器に移し替えて、冷蔵庫に入れて
保存しておけば一番良いです。冷蔵庫に入らない場合でも冷暗所であれば常温でも全く問
題はありません。

大切なことは、食べ時をのがさずに食べきることですね。夏を2回超すと味や風味がグッと落
ちますから1999年度秋〜冬に出荷したお味噌は2000年の入梅の頃には食べきる位が食べ
時ですよ。



Q カップや樽で販売しないのはなぜ?

れはゴミ問題を考えてのことです。カップ等で販売すればお客様の使い勝手が良いのは
解るのですが最終的にはゴミになってしまいますし、焼却の問題もあります。お客様に一手間
おかけしてしまうリスクを承知でカップ等での販売はしない事にしました。

その変り、箱代や包装にかかる費用はいただかない方針です。




 
Copyright (c) 2010 Koujiya Limited Partnership Company All rights reserved.